社員インタビュー

インタビュー①

自分らしさを高める

イーグランドに入社したきっかけは?

もともと学校の授業の一環で民泊や空家の活用・再生方法などの研究をしていたこともあり不動産に興味はありました。そんな中、就職情報サイトのスカウトメールがきっかけで、自分で物件を仕入れ~販売まで担当出来るというイーグランドの仕事内容に興味を持ちました。

仕事を通し記憶に残っていることは?

1度物件の紹介を頂いた後、何度もご紹介頂くことがあり、社外に仲間が出来たようでとても嬉しくなりました。また社内でも上司、工事グループ、財務グループなど本当に多くの人と関わりながら仕事をしているので、人とのつながりがとても大切だと感じています。

やりがいを感じるときはどんな時?

当社は新人であっても「物件の仕入れ」「リフォーム内容の決定」「物件の売却」まですべての業務を一人の営業が担当します。その一つ一つをやり遂げる毎に達成感があります。
中でも私は物件の仕入れに一番のやりがいを感じています。

今後取り組みたいことや夢は?

地方出身者なので地域活性化・再生事業に興味があります。
現在、業務で携わっている中古住宅再生事業の経験を活かして、リゾート地の民泊や空家再生を手がけてみたいと思っています。

インタビュー②

共につくり、支える

イーグランドに入社したきっかけは?

前職では水廻りなどの部分的なリフォームの営業と工事管理に携わっていました。今までの経験を活かし、もっと大きなリフォーム工事をしたいという意欲を買ってくれたのがこの会社でした。

仕事を通し記憶に残っていることは?

当社は、営業担当者がリフォーム工事の内容を決めることが多い中、先輩にあたる営業社員から「リフォームに関しては野口さんにお任せします。」と言ってもらえたことです。日頃からいい物件を作るために、様々な提案をしていたことをしっかりと覚えていてくれたのだと実感でき、嬉しく思いました。

やりがいを感じるときはどんな時?

自分の担当ではない物件の営業担当者から、リフォームに関しての質問やアドバイスを求められたときにやりがいを感じます。限られた予算の中で少しでも良い物件が作れるよう、これまでの経験だけでなく、普段から新しい情報等にもアンテナを張るよう意識しています。

今後取り組みたいことや夢は?

当社は本店の他大阪・横浜・札幌に支店がありますが、事業が拡大して支店ごとに工事グループが必要となった時に、チームの先頭に立って指示ができるような立場になっていたいと思い、日々仕事に励んでいます。